*PLUS ALFA +++ DENTAL TEC. NET +++ HOME >


各個トレー


[TOP] [検索] [Admin]


No.208

量りとメスシリンダーで、混水比を正確に量ります。
No.209

下顎の金属床も脱ロー時に着脱出来れば良いのですが、今回はクラスプの関係上着脱出来ませんでした。
No.210

石膏の多いフラスコに、温度センサー用の穴を開けます。
No.211

No.212

No.213

No.214

No.215

No.216

No.217

レジン打ち込み口の石膏を、滑らかに形成します。
No.218

No.219

DSフラスコセパで、確り洗浄します。
No.220

手で触っても熱くないくらいまで放冷します。
No.221

DSレジンセパの塗り過ぎに注意します。
No.222

レジン液で維持部を洗浄します。
No.223

現行ログ/ [1] [2]

PASS
TOP
shiromuku(m)ALBUMS version 1.14